サンドウィッチマンは売れるまで超貧乏だった?どんな生活をしてたの?

スポンサーリンク

今回は、お笑いコンビ「サンドウィッチマン」についての紹介です。

お笑いコンビ「サンドウィッチマン」がテレビ番組「プロフェッショナル」へ出演されるのですが、売れるまでとても貧しい生活をされていたらしいので、一体どんな生活をしていたのかについて調べてまとめてみたのでご紹介します!

まずは、お笑いコンビ「サンドウィッチマン」が売れるまで超貧乏生活だったということについて見ていきましょう!

サンドウィッチマンは売れるまで超貧乏だった?

サンドウィッチマンは売れるまで、本当に超貧乏生活を送っていたのでしょうか?

調べてみたところ、本当に超貧乏生活を送っていたとのことです。

本当にお金がないので、彼女を作って遊ぶことも出来なかったり、30歳にして財布の所持金が100円以下だったというエピソードもあるほどです。

サンドウィッチマンが売れない時代に所属していた事務所は、吉本興業のような大手事務所ではなかったため、サンドウィッチマンが下から這い上がっていって売れるまでには私たちでは想像が出来ないほど、相当な長い年月をかけ苦労をされたようです。

スポンサーリンク

では、次に一体どんな貧乏生活をしていたのかについて見ていきましょう。

サンドウィッチマンはどんな超貧乏生活をしていたの?

サンドウィッチマンはどんな極貧生活をしていたのでしょうか?

芸人として食べていくと決意したサンドウィッチマンは、超極貧生活をしながら夢に向かって頑張っており、先述したとおり、30歳にして100円も持っていなかったため、彼女を作ってデートをするなどといった余裕がない生活を送っていたとのことです。

30歳にして所持金が100円以下って、本当に将来不安になってしまう金額だと思われるのですが、他にも超貧乏生活のエピソードが出てきたので、ご紹介します。

ひもじい生活を強いられ、伊達さんは実家からの手紙に1万円入っているのを見て、何をやっているんだろう?、バイトをしに東京に来たわけではない!という葛藤もあったようです。

サンドウィッチマンは売れるまで、築20年の木造アパートに二人で住んでいたのですが、ゴキブリやネズミの糞が落ちているという劣悪な環境で生活されていたそうです。

ねずみの糞がお米に交じっていたのに、ネズミの糞だと思わずに一緒にお米をといでしまったりという、想像しただけでゾッとする話もありました。

ねずみだけでなく、クモやゴキブリなども出る部屋で暮らしていたそうです。

あと、10年以上前のテレビ番組でサンドウィッチマンが特集されていた時には、布団が敷きっぱなしの万年床で、布団をめくると畳に黒いカビがびっしりと生えていた映像を見たなと記憶しています。

そんな本当に酷い貧乏生活を乗り越えてきた、サンドウィッチマンのお二人だからこそ、死に物狂いでやってやるぞ!運をつかみ取ってやるぞ!という気持ちが生まれ、今や売れっ子お笑いコンビ芸人になるまでに上り詰めることが出来たんだろうなと思いました。

まとめ


今や売れっ子お笑いコンビとして大活躍のサンドウィッチマンは、売れるまで超貧乏な極貧生活をされていました。

住んでいるところも、決していい環境とは言えない中、サンドウィッチマンのお二人はハングリー精神で今の地位へとのし上がっていったのだろうなと、個人的に思いました。

これからも、お二人の活動を応援しています!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました