ムロツヨシのブレイクはいつ?きっかけは?有名になったのは勇者ヨシヒコ?他の作品は?

ムロツヨシのブレイクはいつ?きっかけは?有名になったのは勇者ヨシヒコ?他の作品は?

スポンサーリンク

唯一無二のコミカルな演技を武器に、映画やドラマで大活躍のムロツヨシさん。

近年では、バラエティ番組で見かけることも多くなってきました。

そんなムロツヨシさんは、どのような経緯で人気を獲得したのでしょうか。

この記事では、ムロツヨシさんのブレイクのきっかけや代表的な出演作品を紹介していきます。

ムロツヨシのブレイクはいつ?

ムロツヨシのブレイクはいつ?きっかけは?有名になったのは勇者ヨシヒコ?他の作品は?

ムロツヨシさんは高校卒業後、1年間浪人して大学に進学します。

しかし、「良い大学を出て良い会社に就職するのが幸せ」という価値観につまらなさを感じました。

また、大学入学後に見た芝居に感銘を受けたこともあって役者を志し、わずか3週間で中退して、俳優養成所に入所します。

その後は、中央卸売市場やメガネ屋などでアルバイトをしながら、小さな劇場に立つという生活を続けました。

アルバイトは全力で取り組み、どれも社員になってくれと言われるほどの仕事ぶりだったそうです。

役者として長らく日の目を見ない日々が続きますが、自分の舞台を観に来ていた映画監督の本広克行さんに猛アピール。

その結果、2005年に本広監督の映画『サマータイムマシン・ブルース』に出演することができました。

ムロツヨシさんは、それを皮切りに映画やドラマに出演するようになります。

その後、『勇者ヨシヒコシリーズ』、『LIFE!~人生に捧げるコント~』、『ごちそうさん』などに出演して知名度を獲得し、2014年には『日経トレンディ』が選ぶ「今年のヒット人」に選出されました。

長い下積み時代に実力をつけ、自分で営業をかける努力をしたからこそのブレイクですね。

ムロツヨシのブレイクのきっかけは?

ムロツヨシのブレイクはいつ?きっかけは?有名になったのは勇者ヨシヒコ?他の作品は?

ムロツヨシさんのブレイクに一役買ったのが福田雄一監督だと言われています。

福田雄一さんは映画監督のほか、放送作家や脚本家、演出家としてマルチな才能を発揮するクリエイターです。

福田雄一監督の代表作として、『勇者ヨシヒコシリーズ』、『今日から俺は!!』、『銀魂』、『新解釈・三國志』などがあり、「コメディの奇才」と称されています。

そんな福田雄一監督は、ムロツヨシさんを福田作品の常連キャストとして、ほとんどの作品に器用しています。

ムロツヨシさんと福田雄一監督の出会いは2008年のドラマ『33分探偵』。

当時無名だったムロツヨシさんは子どもの誘拐犯として起用されました。

スポンサーリンク

すると、撮影に同行していた福田雄一監督の奥様がムロツヨシさんの演技を気に入り、福田監督に「これからもずっと仕事をするかもしれない人だから、明日会ってきなさい」と助言。

翌日、奥様の助言どおりにムロツヨシさんと対面した福田雄一監督は、準備中の映画で決まっていなかった役がムロさんに適任だと感じ、その場でオファーしたそうです。

以降、ムロツヨシさんは福田雄一監督作品のほぼ全てに出演することになります。

無名のムロツヨシさんの才能を見抜いた福田雄一監督とその奥様の先見の明はすごいですね。

ムロツヨシが有名になったのは勇者ヨシヒコ?

ムロツヨシのブレイクはいつ?きっかけは?有名になったのは勇者ヨシヒコ?他の作品は?

ムロツヨシさんが出演する福田雄一監督作品の代表作の1つにドラマ『勇者ヨシヒコシリーズ』があります。

ムロツヨシさんは、この作品でメインキャストを務めたことにより、その名が広く知れ渡るようになりました。

勇者ヨシヒコは、2011年に放送が開始された山田孝之さん主演の、コメディ要素満載の冒険ドラマです。

その中でムロツヨシさんは「メレブ」という魔法使いを演じました。

メレブは、金髪のマッシュルームカットがトレードマークで、作中では主にツッコミ役に回ることが多いです。

勇者ヨシヒコシリーズは、「ローコスト冒険ドラマ」と謳っているとおり、低予算のチープな演出が特徴的。

その演出とバカバカしい物語が笑いを誘いますが、実力派の役者たちのコミカルかつ真剣な名演には目を見張るものがあります。

非常に面白い作品ですので、気になった方はぜひご覧ください。

ムロツヨシの他のブレイク作品は?

ムロツヨシのブレイクはいつ?きっかけは?有名になったのは勇者ヨシヒコ?他の作品は?

続いては、ムロツヨシさんのその他の代表作品についてご紹介します。

まずは2018年に放送されたドラマ『今日から俺は!!』。

こちらも福田雄一監督作品で、ムロツヨシさんは教師の椋木を演じました。

椋木は学園ドラマ『3年B組金八先生』に憧れており、風貌や喋り方まで金八先生を真似しています。

お調子者ですが、生徒思いの先生であるのが憎めないところ。

続いても福田雄一監督の作品『新解釈・三國志』。

この作品は、三国志をコメディ要素たっぷりの演出で描く映画です。

元々は2014年に『新解釈・日本史』というドラマでタッグを組んでいた福田雄一監督とムロツヨシさん。

新解釈・日本史と同じようなテイストで三国志の映画を構想していた福田雄一監督は、軍師・孔明役にムロツヨシさんを選びます。

カリスマのような振る舞いで周囲からは頭の切れる天才だと思われている孔明ですが、実は妻に頼りっきりの凡才という設定。

「天才風の凡才」というひと際クセのある役を、面白おかしく演じていました。

続いての作品は、『大恋愛~僕を忘れる君と~』です。

この作品は、戸田恵梨香さん演じる若年性アルツハイマーを患う女医と、ムロツヨシさん演じる元小説家の男性の愛を描いた物語です。

ムロツヨシさんが本格ラブストーリーに出演するのは初だったのですが、見事にハマり役だったようで、インターネット上で大きな反響を呼びました。

コメディのイメージが強いムロツヨシさんですが、演技の幅の広さを世間に知らしめる作品となりましたね。

まとめ

今回はムロツヨシさんの経歴や代表作について紹介してきました。

長らく無名の役者だったムロツヨシさんですが、現在では誰もが知る実力派俳優です。

様々な作品で、個性溢れる演技で見る者を魅了し続けた結果が今のブレイクに繋がっていることが分かりましたね。

気になった作品などがありましたら、みなさんもぜひ視聴してみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました