森崎ウィンは日本語うまい?ミャンマーで人気?なぜ日本で活動?天てれに出演してた?

スポンサーリンク

今回はミャンマー人俳優の森崎ウィンさんについて調べてみました!

彼はミャンマー人でありながら日本語が堪能な面があり、ミャンマーはもちろん日本でも活動しています。

俳優や歌手としても活躍している森崎ウィンの日本とのつながりや出演していたのではないかと話題の天てれについても書いていこうと思います!

森崎ウィンが日本語がうまい?

森崎ウィンさんは小学4年の時にミャンマーから日本に引っ越してきました。

当時は全く日本語が喋れず、最初はいじめられたりもしたそうです。

しかし、意味がわからないが故に何を言われてもケロッとしてごく普通に生活していくうちに慣れていき、国語の授業は別室で先生と1:1で学び、5年生になった頃には日常会話には不自由しなくなったそうです。

中学2年の頃、現在も所属しているスターダストプロモーションのスカウトを受けて芸能界へと足を踏み入れました。

週1でダンスや演技のレッスンを受けるようになって芝居やダンスで自分を表現することの面白さを知ったそうです。

このような経験が森崎ウィンさんのまるで純日本人かのような滑らかな日本語を支えているのかもしれません。

なめらかな日本語が話せることに加えてアジア系の容姿をしているため、ミャンマー人と言われた方が驚きますね。

森崎ウィンはミャンマーで人気?


森崎ウィンさんはミャンマーの国民的アイドルと呼ばれ、自身の名前のついたバラエティー番組『ウィンズ・ショータイム』も好評で、初の日緬共同制作ドラマ『The House with Dreams』(MNTV・20年2月放送開始予定)に主人公の恋人役で出演することで注目され、ミャンマーで絶大な人気があります。

人気の理由は子供から大人まで分け隔てなく接し、人気におごることなく常に謙虚であるところや、子供の頃にミャンマーを離れたために少し幼くあどけなさが残るビルマ語が現地の人にとっては逆に新鮮に映り、可愛らしいと感じるようです。

スポンサーリンク

子供の頃から積み重ねてきた経験から生まれる歌・演技・ダンスの一つ一つの質と、日本での様々な活動が祖国での人気につながっていることがよくわかりますね。

日本でのみ人気があるのではなく、しっかり祖国でも人気を勝ち取っていることから森崎ウィンのこれからの国際的な活躍にも期待が持てます。

森崎ウィンはなぜ日本で活動?


ミャンマー人でありながら日本を拠点に活動している森崎ウィンさんがなぜミャンマーではなく、日本を選んだのか調べました。

森崎ウィンさんは日本で活動することで自分が日本とミャンマーをつなぐ架け橋となり、日本に住む人たちにミャンマーの現状を知ってもらおうと考えているようです。

2018年は彼にとって特別な1年となりました。

4本もの映画に出演し、ドラマやバラエティにも相次いで出演してお茶の間でよく見かけるようになった。

このようなメディアへの露出のきっかけとなったハリウッド大作『レディ・プレイヤー1』では「俺はガンダムでいく!」という名セリフで知られる日本人青年・ダイトウ/トシロウ役として出演し、ハリウッドデビューを果たしました。

映画のプロモーション期間に行われたインタビューでは、「もちろん日本の作品もやっていきたいが、日本だけでなく、アジア映画にもどんどん出たい」と話していました。

森崎ウィンさんの頭の中では常に国際的な活動を広げていくことを考えられているようです。

森崎ウィンさんの活動は現在日本を中心に行なっているようですが、それは芸能活動を始めたきっかけが日本に来てからだからだと言えるでしょう。

様々なインタビューで日本やミャンマーに縛られずに世界で活躍したいと話しているので、この先世界進出する未来もそう遠くないでしょう。

森崎ウィンは天てれに出演してた?

率直にいうと、森崎ウィンさんが天才てれびくんに出ていたという事実はありません。

歴代の出演者を調べたところ、森崎という苗字の方は出演されていませんでした。

では、なぜ『天てれ』に出演していたのではという噂が流れるのでしょうか。

それは俳優の大泉洋が所属しているチームナックスのリーダーである森崎博之さんがNHKのEテレの番組である『Let’s 天才てれびくん』に出演しており、同じ森崎という苗字に混同してしまった方がいたからでしょう。

天才てれびくんの出演者の年齢がだいたい小5〜中2で構成されているため、森崎ウィンさんが日本に来て芸能活動を始めた時期を考えると天才てれびくんに出演していたとは考えにくいでしょう。

よって森崎ウィンさんと天てれとの関係はないと言えます。

まとめ

今回森崎ウィンさんについて調べるまで、彼は純日本人か、ハーフタレントなのかと思っていました。

実際は純ミャンマー人でありながら、流暢な日本語を話し歌手や俳優としても活躍されています。

自分の活動が母国であるミャンマーに還元できるように日々努力している森崎ウィンさんの活躍に今後も期待していきましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました