ルーブル美術館とロシアのルーブルの関係は?スペルや語源の違いは?

生活お助け情報

ルーブルと聞くと、皆さんは何を思い浮かべますか?

スポンサーリンク

私はフランスにあるルーブル美術館を思い浮かべたのですが、中にはロシアの通貨ルーブルを思い浮かべた方もいるのではないでしょうか?

フランスのルーブル美術館とロシアの通貨ルーブルは、共通して「ルーブル」という言葉が入っていますね。

そこで、この二つには何か関係がありそうな気がしたので、調べてみました。

フランスのルーブル美術館とロシアのルーブルの関係は?

フランスのパリにある有名な国立美術館と言ったらルーブル美術館ですよね。

私も一度は行って見たいなと思っています。

それに対して、ロシアのルーブルとは、ソビエト連邦(ソ連)の時から使われている通貨単位になります。

そして、フランスのルーブル美術館の「ルーブル」とロシアのルーブル「ルーブル」は、関係がないという結論に至りました。

では、何故関係がないと言えるのか、次の見出しで説明してきます。

フランスのルーブル美術館とロシアの通貨のルーブルはスペルが違う?

フランスのルーブル美術館とロシアの通貨のルーブルの関係性がないという理由に、スペルの違いが挙げられます。

フランスとロシアの「ルーブル」のスペルの違いを見ていきましょう。

フランスのルーブル美術館のルーブルは「Louvre」というスペルで、頭文字が「L」から始まる言葉です。

フランス語の「ルーブル」の発音は、「ルーブ」と言います。

一方、ロシアの通貨のルーブルは「Рубль」というスペルで、頭文字が「P」から始まる言葉です。

ロシア語の「ルーブル」の発音は、「ルーブリ」と言います。

つまり、フランスのルーブル美術館のルーブルはフランス語、ロシア通貨のルーブルはロシア語なので、それぞれのスペルは「L」と「P」で始まるので異なり、発音も「ルーブ」と「ルーブリ」で違うのですね。

スポンサーリンク

次に、国が違うからスペルや発音が異なるのは分かりましたが、この2つのルーブルに関係がないことを深めるために、各語源の違いについて見ていきましょう。

フランスのルーブル美術館とロシアの通貨のルーブルの語源の違いは?

フランスのルーブル美術館のルーブル(Louvre)の語源は、ルーブル美術館がある地名が由来になっています。

実は、ルーブル美術館と言うのは、最初は要塞としてつくられたルーブル宮殿を改築して、現在の姿になったそうです。

そこから、お城の名前の「Louvre(ルーブル)」を取って、ルーブル美術館と名付けられたというわけです。

ちなみに、他にも言われているLouvre(ルーブル)の語源は、要塞を意味するサクソン語の「leovar」説や、狼狩りを意味するラテン語の「lupara」説もあります。

ロシアの通貨ルーブル(Рубль)の語源は、一定の価値を持つ銀片という意味が由来になっています。

切ったり、切り分けるという意味を持つロシア語の「рубить(ルビーチ)」から来ていて、切った銀塊の重さで通貨の価値を決めていたんだそうです。

つまり、フランスのルーブルは要塞や狼狩り、ロシアのルーブルは銀塊の一部が語源ということですね。

以上のことから、フランスとロシアのルーブルの由来からみても、2つのルーブルに関係がないということが分かりますね。

まとめ


フランスのルーブル美術館とロシアのルーブル通貨の「ルーブル」は、関係性がないことが分かりました。

2つとも日本語にすると「ルーブル」だけど、フランス語とロシア語ということもありスペルや発音も違います。

また、それぞれの語源も異なることから、フランスのルーブル美術館とロシアのルーブル通貨の「ルーブル」は別物だということがわかりました。

最後まで記事を読んでいただき、どうもありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました