カインズの珪藻土マット回収方法や返金は?ニトリやダイソーは安全?


カインズが珪藻土マットや石鹸トレイ、ディスペンサートレイ、除湿シートといった、珪藻土商品の自主回収を発表しました。

スポンサーリンク

我が家でも、ここ3年程カインズの珪藻土マットを愛用していたので、そもそも珪藻土マットにアスベストが含まれていることに大変驚きました。

つい先日、カインズの珪藻土マットにカビが生え、別の珪藻土マットに買い替えたので、ちょうど捨てようかなと思っていた矢先の出来事でした。

そこで、カインズの珪藻土マットの回収方法や返金方法、カインズの商品が危なかったのだから、ニトリやダイソーの珪藻土商品は安全なのかについてご紹介いたします。

カインズの珪藻土マットの回収方法?

【12月22日更新情報】
カインズの公式HPが珪藻土バスマットや珪藻土商品の回収方法を発表しました!

回収方法は、2パターンあります。

①最寄りの店舗へ持ち込む方法

②最寄りの店舗もしくは問い合わせ窓口へ連絡する方法。

※いずれも商品は、ビニール袋等に入れてテープで密閉した状態にしてくださいとのことでした。

ちょっと気になったので、最寄りの店舗へ問い合わせてみたところ、
希望の方には従業員が自宅まで来てくれて、商品回収をしてくださるとのことでした。

自宅に回収に来てくれる時に、もしかすると商品確認のために密閉されている袋を開ける可能性があるとのことでした。

担当の方は、厚生労働省からも健康被害はないと言われているのでご安心くださいとのことでした。

また、カインズの相談窓口に他の回収方法(例えば郵送対応)があるのか聞いたところ、ないとのことでした。

なので、直接店舗持ち込み、もしくはカインズのや最寄りの店舗へ電話後に、従業員の方が直接自宅へ訪問する形を取るということでした。

色々と心配な方もいらっしゃると思うので、カインズの相談窓口への連絡先を載せておきます。

株式会社カインズ お客様相談室専用フリーダイヤル(無料とのことです)
TEL:0120-659-337
受付時間は10時から18時までで、元日は除くとのことでした。
※私がかけたときは、つながりにくくて電話が切れてしまい、2回目の電話でようやくつながりました。

【12月21日時点での情報】
単刀直入に言いますと、12月17日現在、未だにカインズは珪藻土マットの回収方法と返金方法は発表していません。12月15日に自主回収を発表後、16日、17日と立て続けに健康上の安全情報の追記はあったものの、回収方法は未だに検討中とのことです。近日中にHPで発表されるとのことなので、発表され次第更新いたします。
回収方法の案内が出るまでは、公式HPに載っている方法で保管するようにとのことでした。その保管方法とは、手元にある商品をビニール袋に入れ、テープ等で密閉し、保管するようにとのことでした。

カインズの珪藻土マットの返金方法は?

今回はカインズの珪藻土商品にアスベストが含まれているため、自主回収の上、返金もしてくれるという文面が公式HPにありました。

【12月22日更新情報】
気になる返金方法ですが、2パターンあります。

①最寄りの店舗へ直接商品を持ち込んだ際に、返金。
②商品を直接店舗へ持ち込むのが難しい方は、最寄りの店舗もしくは相談窓口に電話をし、カインズの従業員が自宅へ商品を回収しにきた際に、返金。

返金方法も、商品回収と一度に行えるような対応になっているとのことでした。

対象商品は、こちらからチェックできます。
カインズ公式HP

また、今回発表された情報は、カインズの各店舗公式LINEからも対象商品や詳細を確認できるので、確認してみるといいかもしれませんね!

実際にカインズの店舗へ行って回収&返金対応をしてもらった!どんな感じだったの?

私は珪藻土マットを回収に自宅まで来ていただくのは、従業員の方に申し訳ないと思ったので、事前に最寄りの店舗へもっていくことを電話でお伝えしてから行きました。

サービスカウンターに持っていけば、対応してくださるとのことでした。(事前に名前を聞かれました。)

正確な自主回収&返金情報が発表された当日の、12月22日に最寄りの店舗へ密閉した珪藻土マットをサービスカウンターへもっていったところ、「珪藻土関連商品回収受付専用カウンター」という案内がされている別の場所へ通されました。

そこで、担当者から今回持ってきていただいた商品はどれなのかを聞かれたので、「グロウ」という珪藻土マットであると説明をしました。

事前に電話でうかがっていたような、袋から取り出して中身を確認されるようなことはありませんでした。

対象商品の画像はカインズの公式ラインから見ることが出来ましたので、私が回収してもらった対応商品をスクショしてみました。

この時まで知りませんでしたが、私が持ち込んだ商品からは、アスベストが検出されはしなかったようですが、自主回収の対象になっていました。

いくら返金になるのかも担当の方が確認してくださり、上記の画像に記載の通り1280円を現金での返金でした。

スポンサーリンク

喜んでいいのかわかりませんが、臨時収入が入りました。

それと、今回のお詫びということで、こちらの粗品をいただきました。

包装紙を取ってみたところ、カインズの自社ブランドのラップでした。

過去にアスベストで珪藻土マットを自主回収した会社の対応は?

消費者庁のHPによると、2020年12月4日に発表された株式会社堀木工所のCARACOバスマット(LARGE、SLIM、COMPACT)とコースターの製品に石綿(アスベスト)が含まれていることが判明したとのことで、2020年11月27日から対応が開始されました。

消費者庁リコール情報サイト|堀木工所「CARACOバスマット(LARGE、SLIM、COMPACT) 、コースター」 – 回収

株式会社堀木工所が行った回収方法は、後日回収用の梱包材を送付し、その中に製品すべてを入れて返送をお願いする形で、問題のない同等品を同封する対応を取られたそうです。

株式会社堀木工所|バスマット・コースターの製品不良のお詫びと返送のお願い

ニトリの珪藻土商品は安全?

ネットでは、カインズの商品が危なかったのだから、ニトリの商品は大丈夫なの?という声が上がっていました。

そこで、ニトリの公式HPを調べたのですが、珪藻土商品やアスベストに関する情報はありませんでした。

12月22日にニトリの珪藻土商品にもアスベストが含まれていたとの情報が入ってきました。

ニトリ公式HP

私は、カインズの自主回収が発表されてから、ニトリの商品が気になったので実際にお客様サポートセンターへ問い合わせてみたところ、「ニトリの珪藻土商品の原材料には、アスベストを使用していないので安心してお使いいただけます。」との回答を得ていたので、正直驚いています。

12月26日に電話がつながり、今販売されている商品は安全確認が取れているものなので、安心してお使いいただけますとのことでした。

12月24日現在、ニトリのお客様サポートセンターへ問い合わせてはいるのですが、朝から電話が込み合っておりつながらない状態になっていて、現在確認中です。

以前問い合わせた結果は安全と言われていたのに、今回ニトリの珪藻土商品にアスベストが含まれていると問題になってしまいましたので非常に残念でしたが、担当者の方が、とても真摯に対応してくださって、ありがたかったです。

ダイソーの珪藻土商品は安全?

ニトリだけでなく、ダイソーの商品も大丈夫なのか?という声が上がっていたので調べたのですが、ダイソーの公式HPに、珪藻土商品やアスベストに関する情報はありませんでした。

しかし、ネットではダイソーへで問い合わせた方の情報がありました。


ダイソーはどうやら安全なようです。

まとめ

カインズの珪藻土マットなどの珪藻土商品の正式な回収方法や返金方法が発表されました。

私も最寄りのカインズへ行って回収と返金をしてもらいましたが、安全だと思っていた商品が実は危険だったというのは怖いことですよね。

過去にアスベストで自主回収を行った株式会社堀木工所は、送付した梱包材に製品を全て入れてもらって返送&相当商品を同封する対応を取られていました。

ダイソーは、品質基準に沿った検査を行っていると情報がありました。

気にしてしまうタイプの方は、珪藻土商品の使用を避けたほうが良いかもしれませんね。

ニトリの珪藻土商品からもアスベストが検出されたとのことなので、以下の記事にまとめました。
ニトリ珪藻土もアスベスト!ニトリ商品かの確認や回収方法、回収開始日、返金、交換対応は?

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました