傷病手当受給中にアフィリエイトってOK?不正受給になるか保険組合に聞いてみた!

スポンサーリンク

私は仕事で体を壊してしまい、傷病手当金を受給出来たのですが、お給料は今までの3分の2しかもらえないので、お給料の額がそれなりの金額でないと、生活が厳しくなるのが正直なところです。

実際、私はカツカツの生活になってしまいました。

でも、傷病手当をもらっている受給者は、働いてはいけないという決まりがあります。

そこで生活のため、巷では不労所得扱いになると言われているアフィリエイトを始めてみようと思い立った時に夫から言われたひとことが私の心に刺さりました。

夫「傷病手当をもらっている身でアフィリエイトをしたら不正受給になるんじゃないの?」

私「え……。ど、どうしよう。生活かかっているのに……orz」

周りの人には相談できなかったので、悩みに悩んだ末、ビクビクしながら直接健康保険組合へ問い合わせてみました。

傷病手当を受給中でもアフィリエイトをしていい?

結論から言うと、傷病手当を受給中にアフィリエイトをしても大丈夫とのことでした。

実際に健康保険組合へ、問い合わせをしたやり取りは以下のような感じでした。

電話窓口の方「(数回の呼び出し音の後)はい。○○健康保険組合です。」

私「(すっごいビクビクしながら)あの…、現在傷病手当を受給中なのですが、生活が厳しいのでアフィリエイトをやることを検討しています。そこで教えていただきたいのですが、傷病手当受給中にアフィリエイトをやっても問題ないのでしょうか?」

電話窓口の方「えっと…、担当者におつなぎしますので少々お待ちください。」

(少し待つ)

担当者さん(以下、担)「お電話代わりました。」

私「えっと、実は現在傷病手当を受給中です。でも、そのお手当だけでは生活が厳しいのでアフィリエイトを始めることを検討しています。傷病手当受給中はアルバイトなどの労働は禁止なのも知っています。ですが、ネットでアフィリエイトのことを調べたところ、不労所得扱いになるという情報がありました。実際のところ、傷病手当受給中にアフィリエイトを行っても問題ないのでしょうか?」

担「……。えーっと…。率直に申し上げますと、問題ないです。」

私の心の中の声(え?!(;・∀・)問題ないの?!絶対に、「ダメ!」だとか「違法だ!」とか、「例え少額だとしても、お金は貰えているのだから、それでどうにかやり繰りしろ!」とか、「不正受給だ!」って言われて怒られるものだと思ってたのに…。)←我ながら、被害妄想が激しいw

ってか、沈黙が怖かった!!

というわけで、すっごく緊張しながら怒られる覚悟で電話をしたのですが、想定外の回答が返ってきたので、ちょっと拍子抜けしてしまいました。

結果的には、問題ないという認識でいいそうです。

では、なぜ問題がないのでしょうか?

なぜ傷病手当受給中にアフィリエイトをしても不正受給にならないの?

なぜ、傷病手当受給中にアフィリエイトをしても問題がないのでしょうか?

そこのところも、引き続き先ほどの担当者に確認をとってみました。

私「あの……(緊張で声が震えていました)、私が今回ご相談の電話をした理由を申し上げますと、あくまでも仮定の話ですが、事前に何も相談せずにアフィリエイトを始めてしまったとします。私が傷病手当をもらっているのに、アフィリエイトをやっていることがバレたら、健康保険組合に不正受給だと判断されてしまう可能性があるんじゃないかと思いました。そうなった場合に、現在受給中の傷病手当が受給停止になってしまったり、罰金を払わなければならなかったりと大きな問題が発生してしまったら、もっと大事になってしまうのが怖かったので、ご相談をと、お電話しました。」

スポンサーリンク

担「そういうことだったんですね。これは個人的な意見にはなるのですが、健康保険組合は、あくまでも医師からの労務不能の診断証明によって、傷病手当金を受給するかどうかを判断しています。なので、我々(健康保険組合)も傷病手当金受給者の収入に関しては把握していません。」

と、いうことでした。

つまり、今回の例で言えば健康保険組合も、傷病手当を受給中の個人がアフィリエイトでいくら稼いでいるかまではわからないのではないかと思われます。

問い合わせ中に保険組合から何か聞かれた?

私が保険組合へ問い合わせた際に、話の流れで担当者さんから3点ほど質問をされました。

それは、
・現在会社に勤めているか
・いくらくらい稼ぐつもりなのか
・アフィリエイトの作業は退職した会社の仕事内容と同じか
という内容でした。

1つずつ説明します。

・「現在会社に勤めていますか?」

担「ところで、現在どこかの会社にお勤めはされていらっしゃいますか?」

私「いいえ。会社は退職しています。」

というやり取りがありました。

私は担当者さんから現在会社に勤めているか、質問をされました。

この質問の意図は、勤め先の企業によっては、副業を禁止されているところもあるので、それで担当者さんが確認を取ったのだと思われます。

ですが、私の場合はすでに退職しているので、その旨をお伝えました。

・「アフィリエイトで具体的にいくらぐらい稼ぐおつもりですか?」

担「失礼ですが、アフィリエイトでは具体的にいくらぐらい、稼ぐおつもりでいらっしゃいますか?」

私「あくまで私の想定の話ですが、出来れば月に5~10万円くらい稼げたら理想的だなと思っています。」

担「なるほど。では、お小遣い程度に稼ぎたいということですね。」

私「まぁ、そういうことになります。」

私の心の声(お小遣いというか、今の貯金残高が5000円以下のレベルだから、本当に生活に困っているんだけど……。)

担「お小遣い程度に稼ぐのであれば、問題ありません。」

私「それは良かったです。では、もう1点教えてください。仮にこれからアフィリエイトを始めたとします。アフィリエイトの報酬って、予期せずいきなりドカンと報酬が上がる場合もあるってネット情報もあります。これも例えばの話ですが、今後報酬が一気に上がってしまった場合、傷病手当の受給はどうなるのでしょうか?」

担「その場合は、医師の診断を仰いでください。これもやはり個人的な意見にはなってきてしまうのですが、アフィリエイトを始めたからと言って、必ず稼げるようになるわけではないと思われます。なので、まだアフィリエイトを始めていないということでしたら、そんなに心配なさる必要はないかと思います。そして、本業レベルで稼げるようになってしまった場合は、医師に相談し、判断を仰いでください。」

というやり取りがありました。

私は担当者さんから「アフィリエイトでいくら稼ぎたいですか?」ということ質問されるとは夢にも思っていなかったので、頭の中が真っ白になりました。

相談している相手は保険組合の担当者さんです。

なのに、まるでアフィリエイト塾のコンサルのような聞かれ方をされたので、本当に不意打ちを食らいました。

お小遣い程度に稼ぎたいのであれば、問題ないだろうということで、納得していただけました。

そして、もしアフィリエイトを始めたからと言っても、絶対に稼げるとは限らないので問題ないでしょうとのことでした。

もし、本業レベル稼げるようになったら、医師に相談するようにとアドバイスをいただきました。

・「アフィリエイトの作業は退職した会社の仕事内容と同じですか?」

担「失礼ですが、今始めようとしているアフィリエイトと今回ご退職された会社の仕事内容は同じですか?」

私「いいえ。違います。以前は工場で現場作業をしていました。でも、アフィリエイトではPCを使って在宅でブログなどを作成する予定でいるので、作業内容は異なります。」

担「それなら問題ありませんね。」

というやり取りがありました。

おそらく、担当者さんは、あくまで病気の治療が優先なので、前職とアフィリエイトが同じ作業ではないかの確認がとりたかったのだと思われます。

私の場合、質問には当てはまらなかったので、担当者さんに違う作業になることをお伝えしました。

まとめ

傷病手当を受給していても、アフィリエイトを行うことに問題はないとのことでした。
健康保険組合は、個人の収入を把握しているわけではないが、本業レベルで稼げるようになったら医師に相談して判断を仰いでくださいというアドバイスをいただきました。
予想外のことを質問されるかもしれないので、心の準備とウソは付かずに誠実に答えることをお勧めします。

また、この情報は私が実際に体験したケースです。

この記事を読んで、もし傷病手当を受給しているけれどもアフィリエイトってどうなの?と気になった方は、ご自身が傷病手当を受け取っている各健康保険組合に問い合わせてご確認ください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました