金子祐樹と高橋礼華の馴れ初めは?松友美佐紀が紹介?

スポンサーリンク

現役バドミントン選手の金子祐樹さんと元バドミントン選手の高橋礼華さんが結婚したという情報が入ってきました。
そこで、今回は結婚されたお二人のことと、奥様になる高橋礼華さんとダブルスでペアを組まれていた松友美佐紀さんのことについてご紹介します。

金子祐樹と高橋礼華の馴れ初めは?松友美佐紀が紹介?

金子祐樹選手と高橋礼華さんの馴れ初めは、どういったものだったのでしょうか?

松友美佐紀選手が絡んでいるのかも知りたいですよね。

実は、金子祐樹選手と松友美佐紀選手が所属している所と、高橋礼華さんの元所属の所が「日本ユニシス」であったという共通点があります。

それに加えて、金子祐樹選手と松友美佐紀選手が現在ダブルスでペアを組んでいるとのことです。

高橋礼華さんにとって、金子祐樹選手と松友美佐紀選手は所属先が一緒。

そして現在、高橋礼華さんの元相棒の松友美佐紀選手は金子祐樹選手とバドミントンダブルスでペアを組んでいる関係。

本当に不思議な縁ですよね!

真実は定かではないですが、松友美佐紀選手が金子祐樹選手を高橋礼華さんに紹介したのかもしれませんね!

金子祐樹とは?

金子祐樹(かねこゆうき)さんは、男子バドミントン選手です。

プロフィールですが、埼玉県の埼玉栄高校を卒業している26歳で、所属は日本ユニシス、誕生日は1994年の7月22日生まれで、身長は179cm、体重は71kg、利き腕は左、血液型はO型とのことです。
世界最高ランキングでは、男子ダブルスで7位の実力の持ち主ということです。

スポンサーリンク

私は存じ上げなかったのですが、凄い方なんですね!

高橋礼華とは?

高橋礼華(たかはしあやか)さんは、2020年8月に女子バドミントン選手を引退した方です。

プロフィールですが、奈良県出身で、宮城県の聖ウルスラ学院英智高等学校を卒業している30歳で、元所属は日本ユニシス、誕生日は1990年の4月19日生まれで、身長は165cm、利き腕は右とのことです。

戦歴は、2016年に開催されたリオデジャネイロ五輪でバドミントン女子ダブルスへ出場し、金メダルを取られたとのことです。

金メダルって凄いですね!!

タカマツペアとして、高橋礼華選手と相方の松友美佐紀選手のペアが有名になりましたよね!

松友美佐紀とは?

松友美佐紀(まつとも みさき)さんは、現役のバドミントン選手です。

プロフィールですが、徳島県出身で、宮城県の聖ウルスラ学院英智高校を卒業している28歳で、
所属は日本ユニシス、誕生日は1992年の2月8日生まれで、身長は159.5cm、利き腕は右とのことです。

戦歴は、先ほど述べましたが、2016年に開催されたリオデジャネイロ五輪で相方の高橋礼華とペアを組んだので、タカマツペアと呼ばれ、バドミントン女子ダブルスへ出場し、金メダルを取られたとのことです。

金子祐樹と高橋礼華が結婚でネットの反応は?

ネットでは祝福の声が上がっていました!

まとめ

金子祐樹さん、高橋礼華さん、ご結婚おめでとうございます!
末永くお幸せに!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました