「越」はどこの国の略称?なぜ「越」なの?由来は?

スポンサーリンク

毎日ニュースや新聞で目にする国の略称。この漢字ってどこの国を表しているの?そう思ったことはありませんか?今回は「越」についてご説明します。なぜ「越」と呼ばれるのか、その由来についても説明していきます。

スポンサーリンク

「越」ってどこの国の略称?

「越」とはベトナムという国の略称です。慣習的に一語で略して「越」と呼ぶことが多いですが、本当のベトナムは「越南(エツナン)」と言います。

「越」はなぜベトナムなの?由来は?

「越(えつ)」とは中国の春秋時代に、現在の浙江省(せっこうしょう)南部に存在した国の呼び名です。四文字熟語の呉越同舟(ごえつどうしゅう)の「越」です。呉越同舟とは、仲が悪い者同士・敵味方が、同じ場所・境遇にいることです。ライバルが手を組んで協力するという意味でも使われます。当時の中国人の感覚だと「越」は南にある辺鄙な土地より更に南にある国ということで、「越南(えつなん)」と呼ばれるようになったことが、ベトナムと呼ばれるようになった由来です。越南がなまってベトナムになったという話もあります。ベトナムとエツナン。なんとなく発音が似ていますね。

まとめ

「越」はベトナムの意味。ベトナムは「越南」と書くが、慣習的に1文字の「越」で表現されています。過去に中国に存在した南のそのまた南にあった国ということで、「越南」という国名になりました。それがベトナムの由来です。エツナンという音が訛ってベトナムになった説があります。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました