柿は英語でなんて言う?kaki?発音や発音記号、語源も

スポンサーリンク

秋に美味しい柿。あなたは召し上がりましたか?今回は柿って英語でなんて言うんだろう?柿って日本にしかないのかな?発音は?発音記号は?語源は?についてご紹介します。

スポンサーリンク

柿は英語でなんて言うの?

柿は英語で「persimmon」と言います。私は文字だけを見て、「パルシモン」と読んでしまいましたが、正しくは「パーシモン」と言います。モンスターみたいな名前ですね。

柿は英語でもkakiなの?

柿は日本だけでなく、中国、韓国、日本、ブラジル、イタリア、イスラエル、ニュージーランドなど、世界で栽培されています。柿の原産は中国で、18世紀に日本からヨーロッパへ伝わり、そして19世紀にアメリカへ「kaki」が伝わりました。「柿」は日本の特産の果実なので、日本の柿は日本読みの「kaki」や「Japanese Persimmon」という表記で区別されて販売されていることもあります。参考までに、フランス語やドイツ語では「kaki」、イタリア語では「cachi」、スペイン語では「caqui」と書きます。世界中に「カキ」があるんですね。

柿の英語の発音は?

柿の英語の読み方は「パーシモン」でしたね。しかし、実際に聞いてみると、「パーシモン」と「プーシモン」の間ぐらいの発音です。私は「パーシモン」寄りに聞こえました。日本では鮮やかなオレンジ色の色見本の名前にパーシモンと付いていることもあります。

柿の英語の発音記号は?

一般的な発音は「pɚsímən」です。
発音記号は、米国英語でpɚsímən。英国英語でpəsímənです。

柿の英語の語源は?

語源は北米先住民のアルゴンキン語族の言葉で、pasiminan ‘(artificially) dried fruit’が元になっています。

まとめ

世界中で「kaki」と呼ばれている柿。英語の「persimmon」の発音は「パーシモン」。発音記号は一般的には「pɚsímən」。北米先住民の部族の言葉が語源になっています。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました